For Our Line of Amplifiers   For Our DI Plus preamp
Our Players' Choice Awards—from Acoustic Guitar Magazine
 

製品ラインナップ及びスペック      Ultrasoundを使用するアーティスト           お問い合わせ

ULTRASOUND DI Plus
本機は、単なるDIではなく、我々の誇る著名なUltrasound Amplifireのプリアンプを独立させたものです。野外であれ、室内のしかるべきコンサートホールであれ、当社のアンプで定評のあるクリアーでナチュラルなアコースティック・サウンドをこのデバイスのXLR端子から、ステージのPAまで伝送することができるのです。サウンド・エンジニア達は、多様なコントロール装置やオプションの48Vファンタムパワー装置を歓迎するでしょう。(ミキサーにファンタム供給装置が付いている場合には、電池は不要です。)

DI Plus Specifications

Power Output:DI+Preamp
Inputs:(1) Instrument
Effects:N/A
Feedback Control(Notch Filter):YES
Shape Control:YES
Effects Loop:YES
Direct Out:YES
Line Out:YES
Product SIZE:5"x7.5"x2"

\40,000.-(税別)

INSTRUMENT INPUT : このインプットはあらゆるタイプのパッシブ及びアクティブ・ピックアップ・シグナルを受け入れる様にデザインされています。
ギターケーブルのジャックが挿入されると、9Vのバッテリーがオンとなります。DI PLUSを使用しない場合は、バッテリーの寿命を保つ為、ジャックを抜いて下さい。ジャックをつなぐさいには、アンプやミキサーのスイッチはオフにして下さい。そうすれば、スピーカーを大きなポップノイズから守る事ができます。

INSTRUMENT OUTPUT : このパラレルタイプのソケットから、ギターや楽器のシグナルを外部のチューナー、ギターアンプ等、ラインレベルのシグナルを取り扱う機器へ送ります。

EFX LOOP : これは、本物の"EFX LOOP"です。スペースを稼ぐ為、当社製品の大半のソケットはTRS ジャック( tip, ring, sleeve )とYケーブル対応になっています。1 / 4インチのソケットが二個装備され、SENDとRETURNに割り当てられています。EFX LOOPはシグナル伝送経路に干渉しますから、ボリューム・ペダル、コンプレッサー、バイパス・スイッチ付きのチューナー等の挿入に使用できます。

SEND :
SENDからのシグナルはインプット・ゲイン調整の後ろ、EQの前のシグナルです。つまりこのシグナルはアンバラの直接出力で、INPUT GAINだけを経過しただけで、パネル上の様々なコントロールをされていないものです。

RETURN :
RETURNソケットにプラグインされるシグナルは信号経路を干渉します。プラグのtipから印加されるシグナルはDI PLUSが進行させるシグナルになります。

XLR OUT : このローインピーダンスなバランス・タイプの出力ソケットに、標準的なXLRケーブルを差込み、PAやレコーディング機器につないで下さい。XLR-LEVEL- CONTROLEを使用して、PAやレコーディング機器とのベストマッチ・レベルを設定し、最小のノイズ・レベルを設定して下さい。もしそれら外部機器が、48Vのファンタム電源を出力できるなら、本機DI PLUSは、この電源で動作し、内蔵バッテリーは使いません。内蔵バッテリーは、バックアップ電源としてそのまま装置しておいて下さい。もし、ファンタム電源が落ちた場合、DI PLUSは自動的にバッテリー・パワーの使用に切り替わります。

LINE OUT : これは標準的なアンバラのラインレベル出力です。
LINE-LEVEL-CONTROLを使用し、シグナル・レベルを調節して下さい。この出力は、XLR OUTと同時的に使用出来て、何か創造的なシグナル・ルーティングも可能です。ステージ・モニターアンプヘこのアウトプットを標準的なケーブルで接続したり、ミキサーのアンバラのマイクインプットへ接続したり出来ます。

INPUT GAIN : このコントロールについては、先に記載した手始めにを御覧下さい。

BASS : これはアクティブのコントロールです。BASSコントロールは、150Hz近傍の低周波数帯をカットしたり、ブーストしたりします。

TREBLE : これはアクティブのコントロールです。TREBLEコントロールは5KHz近傍の高周波数帯をカットしたりブーストしたりします。

NOTCH FILTER : ON/OFF - ノッチフィルター・コントロールのオン・オフ・スイッチです。

FREQ.HZ - 100-350Hzの周波数を指定して、18dbまで共鳴的なフィードバックをカットします。

SHAPE: ON/OFF - このトグル・スイッチはシェイプ・コントロールをオン・オフします。このコントロールは中音を減衰させます。オンで、中音をカットし、高音と低音をブーストします。

XLR LEVEL : このコントロールでXLR OUT ソケットへ伝送されるシグナルのレベルを調整します。

LINE LEVEL : このコントロールでLINE OUTソケットへ伝送されるシグナルのレベルを調整します。

48V : 48Vのファンタム電源がXLR OUTソケットへ供給されている時、このLEDが点燈します。ファンタム電源供給時には、内蔵バッテリーの消耗はありません。

POWER : 本機DI PLUSが駆動状態にある時、このLEDが点燈します。点燈するのは次の場合です:
A) INPUTソケットにプラグが挿入され、かつ内蔵バッテリーがしっかりと充電されている時。
B) 9VのDCアダプターが、パワーソケットに接続された時。
C) XLR OUTソケットから48Vのファンタム電源がXLRケーブルより供給されている時には、48VのLEDとPOWERのLEDの両方が点燈します。
 


 

Copyright(C) 2012 Nakabayashi Boeki Co,.Ltd All Rights Reserved.